Loading

ブログ

​パラグアイの治安は?

パラグアイの治安情報を見ていこう。

やはり、日本人はどのようにしても日本人をらしさを消すことができない、それは服装をとっても習慣をとってもそうだ。

​その為、パラグアイに来る際に気をつけておかないといけない注意事項も含めてご紹介しよう。

危険地域

パラグアイの治安はほかの南米諸国に比べて良いといえます。アルゼンチンやペルー、ブラジルでは夜道に気を付けるようにと口を酸っぱくしてガイドブックなどにも書いてありますがパラグアイは一定の危険地域を除いて概ね安全です。しかし、もちろん危険な地域や場所も存在するのでここでは紹介しよう。

危険区域に設定されているのは移住地ではシウダー・デル・エステ市とアマンバイ(ペドロファンカバジェーロ)市である。

この二つの地域は国境に近く、様々な人種が行き来することと、ほとんど検査なしにブラジルとパラグアイを往復出来るので犯罪や麻薬が横行している。しかし、この危険地域とはいえ、危ないことには手を出さない路地裏にいかない知らない人についていかないなどの小学生と同じ3ないを守れば比較的安全に旅行や滞在することが可能である。

とはいえ、アマンバイでは最近、道に座っていた日系人がおそらくギャングの抗争に巻き込まれて射殺される事件も起きているし、かなり凶悪なEPP(左翼組織)が変電所を襲って爆破するという事件も起きているので、アマンバイ市は知り合いがいたり、明確な目的があるような場合を除いて行かないことをお勧めする。

アスンシオン

アスンシオンは比較的安全で命を奪われるような事件はあまり起きないが、最近、携帯電話をひったくりされかけて、抵抗した女子学生が射殺された痛ましい事件があったばかりだ。他にもセントロ地域、カビルド博物館地域でも邦人女性が二人組の男性に所持品を強奪されたりもしているのでとにかく注意を怠らない事が大切だ。

筆者が非常に疑問に感じるのはここまで情報がありながら被害にあってしまう邦人があまりに多いことだ、是非、ご自身が海外にいて、日本とは異なる治安であることを理解してほしい。なぜここまで書くかというとこの邦人女性二人組は貧民街を見に行ったそうなのだ。

危険とわかっている地域を一目見てみたいというのは人の性かもしれないがその帰り道に目をつけられてナイフで持っていたバックの紐を切られて、現金、クレジットカード、旅券、デジタルカメラなどの物品を強奪されたのだ。

まず、旅券がバックに入っていることに驚くし、その危機管理の無さにも驚くばかりだ。旅券やクレジットカードは常に携帯するがそれをバックではないところに入れるのは旅行者として最低限の保険だとおもう。旅券は普段コピーを持ち歩き財布にしまっておけばたいていの場合は問題ない。

是非ともそういった被害にあった場合、悲しむのは自分だけでなく周りの人間である事を今一度ご理解いただき、正しい対処をしていただきたい。

アスンシオンで危険地域と呼ばれるのはアスンシオン市及び周辺都市だ。なぜかというとまず街灯が驚くほど少なく暗いし、バスもタクシーもあまり通らないからだ。その辺に夜の遅い時間にいってしまうと強盗や殺人の被害に合うだけでなく、歩いて宿まで帰ることができない可能性もあるのでいかないようにしよう。参考までに周辺都市とは (セントラル県フェルナンド・デラ・モラ市、同県サン・ロ レンソ市、同県ルケ市、同県カピアタ市、同県ニェエンブ市、同県ランバレ市、同県ビジャ・ エリサ市)などの地域だ。

そして今回邦人女性が被害に合ったのはパラグアイ川沿いにあ るリカルド・ブルガーダ地区という地区だ。ここは通称「チャカリータ」と呼ばれる地区でその中では麻薬密 売や犯罪者が多く住んでいる。

またここでは、今回と同様に2007年にも同地区に迷い込ん だ日本人観光客が拳銃による強盗殺人事件の被害に遭っているのだ。

観光地のページでも触れているがアスンシオン政府はこのチャカリータ地区を解体し、アスンシオンのコスタネーラ(川沿い)を一つの観光名所にしようとしており、ここを整備してマラソン大会なども行っているのだ。

安全対策

安全対策についての情報も持っておこう。まず、街中でスマートフォンをみるのはやめておこう。それは見た目からもパラグアイ初心者であることがわかるし、前述のとおり、スリの格好のターゲットになる。どうしても見たい時はカフェなどに入って一休みしよう。

バスに乗る時は乗り降りに注意しよう。それからほとんどのサイトに書かれることはないので書いておきたいことがある。筆者はありがたいことに他の国を旅行していてスリや強盗の被害に合ったことがないのでパラグアイの情報しかないがパラグアイのスリ(複数犯の場合)は必ず何かしらの合図を送っている。

日本のように以心伝心で相手に物事を伝えられる民族は少ないのだ。そのため、お互いの顔を見合わせる。ターゲットの肩を叩く。ものすごく近くによってくる。などの行動が見られた時は警戒するようにしよう。警戒をして損することは他国では絶対にないのだ。

また、もっと安全にパラグアイを旅行したい場合はパラグアイで買ったものを身に着けよう(もちろんお土産を除く)パラグアイではスーパーなどで安価なTシャツなどを買うことができる。その価格はユニクロよりも安価だ。

実はスリがターゲットに決める理由の一つは綺麗か、汚いかではなく所持品に注目しているのだ。パラグアイは南米1貧困と呼ばれるがパラグアイ人も日系人もきれい好きが事の他に多い髪型も服装も清潔なものを好む、かといって清潔でない人を馬鹿にする文化はもっていないが、日本で買ってきたものとパラグアイで買ったものには大きな違いがある。

その為、前述のとおり、日本人というのはすぐにわかってしまうのだ。別にパラグアイにそこまで興味はないから。。とは思わないでいただきたい。

パラグアイにあるものはブラジル、アルゼンチン、ペルー、ボリビア、チリなど南米諸国にあるといって過言ではない。あなたがパラグアイの次に進むのはブラジルだろうか。ペルーだろうか。いずれにしてもパラグアイで買った物品は他の国に行ったときに役に立つのだ。

では、この保険を手に入れるならばなるべく安価な方がいいだろう。南米最貧国と呼ばれるパラグアイで買ってしまった方が一番保険を安価に掛ける方法ではないだろうか。

スリ・強盗

パラグアイで最も多い(身近な犯罪)はスリだ。筆者も何度か被害に合いかけているが、他の国に比べてスリの方法は強引でテクニックはない

筆者はスラれかけたことが今まで3回あるが3回ともバスで移動中だった。一人は単独犯、後の2回は複数犯だった。どちらも入口か出口付近で犯行に及ぶ確率が高い

これは筆者の偏見であるが、パラグアイでスリを働く輩は「男性のデブ」が多い。その巨体を生かして犯行に及ぶのだ。一回目は体を押し付けるようにしてポケットの中にあった携帯を狙われた。二回目はデブ二人組が入口で筆者を挟み込むように乗ってきて、一人が壁役、一人が咳をしている演技をしながらやはりポケットの携帯をスロうとしていた。

両方とも狙われているのを察知して、いち早く人ごみに紛れて事なきを得たが、押しても引いてもビクともしないデブは強い。体の小さい日本人はまず、狙いを定められないように公の場で携帯をみない。大金を持ち歩かないなどの基本的な事に注意しよう。

ちなみに、多くのガイドブックで書かれている、あまり綺麗な恰好をしない日本人とわからないように行動する。などの注意事項は記載しない。

これはすぐにバレるからだ。現地(パラグアイ)で買った服装以外を着ていればどんなに小汚くしてもバレる。そんな事に気をつけるよりはスリや強盗という犯罪に注意して決して気を抜かない事を心がける方が100倍効果が高い。これについてはページ下部で説明しよう。

※筆者は普段、決して他人を体格で否定はしない。そして「デブ」という言葉も使わないが自ら悪いことに手を染めている人間に配慮はしないので、デブという言葉をここではあえて使う。

続いて強盗についてだが、パラグアイの強盗被害も概ね路上かバスで起きることがほとんどだ。道端であれば、少し手伝ってください。と呼ばれて人通りの少ない裏路地に連れていかれナイフで脅されたり、夜中にバスを待っていたら二人組の強盗にナイフで脅されたり、昼間のバスに乗っていたらナイフで脅されるなどの被害を耳にした事がある。

たいてい、強盗の狙いは携帯と現金を狙ってくる。現金はいわずもながだが盗った金をすぐに使ってしまえば足がつかないし、携帯電話もスマートフォンであればかなりの高値で売れる。最新式であれば最低賃金の2倍の価格で売れる携帯もあるし、裏家業を働いている組織であれば足のつかないように再度販売する手段も心得ている。

そして実際にナイフやピストルを持った強盗に運悪く遭遇してしまった場合は、残念だが携帯と現金はあきらめた方がよいだろう。

もちろん、これに似たような記事を筆者も読めば、いや、なんとか乗り切れるだろうという風に考えるとおもうのだが、特にピストルを持っている場合。絶対に相手を刺激しない方がいいと念を押しておく。

ピストルの引き金は社会への未練と比例して重くなるといってよいだろう。家族がいたり、社会的地位があったり、友達がいたりといった時は当然引き金は重くなるだろうが、すでに何も持っていない場合は羽毛のように軽い

そしてそれを操るものが、ヤクにまみれていた場合さらに容易に引き金を引くことだろう。犯罪を犯すものを擁護する言葉を筆者は持たないので何も書かないが、たった少しの現金とまた購入できる携帯電話の為に捨てるには読者の命はあまりにおしいだろう。

災害

最後に災害に触れよう。なぜこのページで触れるかというと、それほど書くことがないからだ。パラグアイの災害は少ない、家の中で火事が起きてもそれほどに延焼しないのだ。その理由は家屋がコンクリートとレンガでできているからだ。​

そして家屋がコンクリートとレンガで出来ている理由は地震がないからだ。もしも日本でこんな家に住んでいれば少しの揺れで立ちどころに全壊することだろう。それは過去のエクアドルやペルーで起きた家屋倒壊を見れば一目瞭然だ。

唯一の災害はトルメンタと呼ばれる強い風を伴う雨と水害だ。しかし、川沿いに家を構えていなければ水害を受けることは稀だ。ここに関しては住宅事情で触れているのでそちらをみてみよう。

関連記事

  1. パラグアイのネット・携帯事情について
  2. パラグアイの交通事情は?
  3. ​パラグアイの住宅情報
  4. パラグアイの経済概要
  5. 土地なし農民(シン・ティエーラ)~イグアス移住地編~
  6. ​パラグアイでの娯楽は?
  7. スペイン語圏でのマーケティングをどう成功させるか?
  8. パラグアイに投資が集まる理由(労働コスト・非製造業)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP